自宅でできる教育はいくつもあります!

自宅でできる教育はいくつもあります!

近頃では学校の授業だけでは学力が維持できません。いずれは学習塾を利用することになるでしょう。学習塾に行くのを1年でも遅らせることができれば教育費が節約できます。学習塾に通う前に自宅でできる教育はいくつもあります。
まずはそれを紹介してゆきましょう。
 
  • 幼児期から小学生までは、できるだけお金をかけないで家庭学習をしましょう。
 
現代社会はいろいろな教育ツールがあります。赤ん坊のときから知育教育ができます。例えば「幼児教室」「英語のDVD」「知育教材」です。ご近所のお子さまが何かの勉強を始めると焦りが出てきて、「うちでも何かをしておかなければならない」と思うのです。
 
しかしながら、この時期は特に勉強に力をいれることはないです。勉強はモチベーションがあがったときに最も伸びます。下手をすれば最初から劣等感を持ってしまいます。
 
幼稚園や小学校に通いはじめたときのことをイメージしてみましょう。他のお子さまができることが自分にはできないと思ったらどうでしょう。それが原因になって自己評価が低くなってしまうと、これかの学習意欲の低下をまねきかねません。
 
遊びの延長線上に勉強があるようにすること。これが幼稚園や小学校でも困らない程度の勉強方法です。この程度ならば、それほど高額な金額をかけることなく勉強させることができます。
 
スマートフォンでは知育アプリがあります。ですが、これでは紙に鉛筆で書くことができません。できれば、電子的なものよりもアナログなほうがいいです。インターネットには無料で知育ドリルがダウンロードできるところもあります。
 
  • 小学校3年生か4年生ぐらいからは格安なツールを使って家庭学習をしましょう!
 
お子さまからわからないところを質問されることもでてきます。親がしっかりと回答して教えられるといいでしょう。ですが、実際に直面してみるとわかりますが、なかなか簡単なことではありません。
 
親の教え方が上手くないのに、理解してくれないお子さまにイライラしたりします。下手したら親子げんかになって険悪ムードになります。これではますます勉強嫌いになってしまいます。
 
そうなると親が起こす行動は学習塾に頼ってしまうことです。それは最終的な手段として、まずは市販されている教材を試してみましょう。
 
例えば「スタディーサプリ」です。これはリクルート社の通信教育教材です。テレビのコマーシャルでもご存じかもしれません。従来は「勉強サプリ」と呼ばれるネーミングでした。
 
月額はわずか980円。全教科の講座がタブレットやパソコンで見放題になっています。講師陣は一流どころ。とりわけ別に教材を購入しなくてもいいのです。先取り学習としても復習としても利用できます。こういったツールを使えばどうでしょうか?自分で積極的に勉強してくれるお子さまならば親も苦労しません。そんなお子さまはほとんどいません。学習計画は親御さんがプランニングしなければならないのです。
 
  • 学習計画を立てるのが不得意な親ならば通信教育を利用することもあり!
 
実際に学習計画をプランニングをしようとすると、想像以上に時間も手間もかかります。お子さまの不得意なところを把握します。そして効果的に復習させます。言ってみれば、それだけのことですが簡単ではないです。これをカバーするのが通信教育です。
 
親がしなければならないのは、毎月到着する教材をしっかりと進めることだけを注意しておけばいいのです。気分的には楽でしょう。添削の問題もあります。これによって苦手な分野がどこなのかもわかります。近頃はタブレットを使ったタイプが人気です。
 
有名なところで言えば「Z会」や「ベネッセ」です。お値段はそれなりにかかってきますが、学習塾と比較すればリーズナブルです。

ポピー